2014年04月25日

金券ショップで商品券を購入する節約方法数年目の実践者が紹介する効率の良いやり方

商品券の使い方はいろいろありますが、大きく2つの使い方に分類する事ができます。

ひとつは、人にプレゼントするという使い方。
お祝いやお返しなどで贈る贈り物として買う場合です。

もうひとつは自分で使う場合。
節約のために安く商品券を買って使うという方法ですね。 他にLINEやDMM.comなどオンラインでクレジットカード決済をするのを嫌って、コンビニなどで現金で専用ギフトカードを購入して使う人もいます。
節約のために買う場合は、駅前などにある金券ショップで買う場合がほとんどです。

1番効率のよい買い方は、普段から習慣的に購入しているモノを安く買うこと。
1回の割引率が少なくとも、繰り返し購入することでコツコツと節約率がアップします。ちりも積もればで、コツコツコツコツとお金が浮いていくわけですね。
キーワドは「習慣」です。

例えば、代表的なのは食材ですね。メインで食材を買うスーパーは決まっている方が多いと思います。
そのスーパーマーケットはJCBギフトカードが使えますか?使えるならJCBギフトカードは金券ショップで98.5%前後で購入できます。実質1.5%の割引きなので10万円で1500円の節約となります。
家族が多いほど節約の金額が大きくなっていきますね。一人暮らしだと、よく家で調理する人でも10万円分で1500円というとあまり魅力に感じないかもしれませんね。
自分が習慣的に最もお金を使っている部分で、回数を減らすとか、量を減らすとかせずに節約できるんですよ。本当はすごいことなんです。
毎月1万円くらい外でお酒を飲むなら、ジェフグルメカードが使える店にすると、金券ショップで額面の95%で買えます。毎回支払い代金の5%の節約が実現できますのでおすすめです。

まずは1回金券ショップで安く購入した商品券を使ってみることをおすすめします。
1回経験すると、2回目も買ってみようと思うはずです。人間得をするというのはうれしいものなんです。

すると、食材から、トイレットペーパーや洗剤を買うドラッグストア、ガゾリンなどと広がっていくと、年間でかなりの節約になりますよ。

最初は目標値などは決めずにやってみましょう。目標などきめてしまうと、面倒になります。そして、節約出来たお金はこれも貯金するとか肩肘をはらずに、普段行かないお店で美味しいものを食べるとか、旅行資金にあてるとか、楽しいことに使ってみた方がいいです。

そうです。
節約したお金は使っちゃうんです。楽しいことに使っちゃうと、次に続きます。
元々はなかったお金が実際に作ることができて、楽しくてワクワクするようなことに使えるのです。
これがモチベーショにつながります。

私もこの方法で実践していますが、今ではもう何年も毎年数万円の節約ができているので、積立預金の口座にお金を入れて、数字が増えていくのをみてほくそ笑むということもしてみようかと思っています。けど、最初からそれをしようとしても、絶対続かなかったです。「がんばらない」ということが大切で、気楽にやるのがコツです。

少々、商品券がなくなってしまっても、現金で払っちゃっていいんです。それを悔やむようなことはせず、ストレスにならない程度にしましょう。

私は、商品券が切れているから、買いに行くまで、普段買っているものまで買うのがもったいないと感じて、買い控えをしていたら旦那様におこられました(笑)
節約のせいで不便になっている。生活に支障をきたすならやめろ、と。生活費もじゅうぶんに頂いていたので、お叱りはもっともでした。頂いた生活費は自由に使わせてもらって、余った分も私の自由に使わせてもらっていたので、反省しました。

金券ショップで格安に商品券を買って節約するのは誰にでもできる上に、楽しいのでハマってしまうこわさがあります。

皆さんは周りの人が引いてしまうほどにならないようにご注意くださいませ(笑)

4901301281463.jpg
posted by 金券ネット購入 at 00:34| Comment(0) | 商品券クレジットカード購入 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。